自動車

2010年11月11日 (木曜日)

菅政権がこれからやるべきこと

尖閣諸島の中国漁船船長開放の責任を取って仙谷由人官房長官と柳田稔法務大臣の罷免しすぐに菅が記者会見をして次のことを発表すること
1、仙谷官房長官と柳田の罷免の理由を話し、ビデオ無断に公開した海上保安庁職員を寛大さでもって刑事処分も懲戒処分もしない、そして枝野幸男を官房長官に任命し、牧野聖修を法務大臣に任命する。
2、すぐに尖閣諸島での海上保安庁と中国漁船の衝突のビデオを全面公開し、尖閣の中国漁船船長らを殺人未遂容疑で告発し、捜査を海上保安庁し逮捕状を出して中国漁船船長らを逮捕状を出し、国際指名手配を出す。
3、魚釣島のヤギを自衛隊を出動して駆除し、環境に配慮して魚釣島に自衛隊を設営し、その後、尖閣諸島の海域に調査船を自衛隊の護衛とともに派遣する。これをやる際、自衛隊を重要施設を警備できる事と領域警備などを法改正をし、海上保安庁法も改正する

4、中国の「国防動員法」は、中国の有事の際に 中国に進出している日本企業や個人の資産を接収できる法律があるため、日本企業の撤退費用と日本人の生活保障、中国で資産を没収されたときの保障、中国で日本人留学生が日本の大学などで学業を学ぶさいの支援、中国で個人で事業を行った方で日本で事業を行う場合の支援金などを補正予算を組み、中国に輸入依存している日本国内企業に支援をし(もやし産業、衣料品、漢方薬など)、日本国内でシェアを中国製に奪われているアパレル産業などを支援育成資金を補正予算に組む。中国以外の輸入先を求める、代替品種にする、薬草を自国生産にするなどを具体的対策を行う。

5、中国の緊張激化で景気を悪化するかもしれないので公共事業や研究費、教育など大型景気対策をする、自衛官と警察官増員と教員による増員による雇用対策、賃金が高インフレになってから正社員と非正規社員の解雇規制の平等化と、同一価値労働同一賃金の導入、新卒一括採用をやめ通年採用を企業に求める等雇用改革をし、そして空母配置やミサイル防衛の増強など防衛予算を大幅に増やす、レアアース、レアメタルの中国以外での確保し、電気製品、携帯電話などの廃棄物などにあるレアアース、レアメタルの都市鉱山の活用する予算をつけ、そのためのリサイクル産業を育てる、石油、天然ガス、メタンハイドレートや貴金属とレアアース、レアメタルの日本の経済水域での調査し資源開発する予算をつける、公共交通機関の短距離の運賃を半額にするための助成金を出す。一定以上の料金を払った宿泊者に都市圏内の一日乗車券を1枚無料で提供し国が補助する。国が民間賃貸住宅を買い上げて、賃貸住宅を増やし低賃金労働者向けの住宅を増やす。国立戦争博物館を建設設置する。用途を特定しない地方交付金を一括して交付する。

6,消費税の構造的な欠陥があって、インボイスではなく帳簿方式であることと、仕入れ税額控除の問題があり、人件費(給料、社会保険料など)が仕入れ税額控除はされないが外注費(人材派遣、請負、アウトソーシングなど)が仕入れ税額控除できるため、外注費のほうが高くても消費税支払額が安くなるために、正社員より派遣請負などがきりやすいこともあいまってインセンティブが働きやすいことと、交際費と厚生費の仕入れ税額控除の問題もある。それでそのままの税率でインボイスにして上の構造的欠陥をなおすと景気に悪影響なので消費税を廃止するしかない。ただ今の時期は来年のお年玉つき年賀はがき(かもめ~る)が発売されているので、消費税を廃止と同時に郵便料金を値下げすると来年のお年玉つき年賀はがきの引き取り、新料金の来年の年賀はがき交換はほぼ不可能なので、菅総理の記者会見で消費税廃止宣言後に速やかに、消費税廃止前のはがきの郵便料金と消費税廃止後の値下げしたはがきの郵便料金の差額を割引して販売する。割引前に年賀はがきを買ってしまった客に対してレシートなどの証拠物があれば購入した所で、1枚につき消費税廃止前のはがきの郵便料金と消費税廃止後の値下げしたはがきの郵便料金の差額を払う(今年の11月1日から割引するまでの間)。来年の年賀はがきの負担と、切手と年賀はがき以外の日本郵便製はがきの回収費用と記念切手販売損失は、政府が負担する。バス鉄道などの公共交通機関の消費税廃止の際の運賃値下げするとき多少の混乱をあるため、政府が支援する。それですぐに消費税を廃止して地方自治体の減収分を交付金で補い、廃止の後、さまざまな欠陥を修正してインボイスを導入して、事業者納税者番号制度を導入して、医療食料品教育住居用家賃、住居用建物、高級店以外の外食、郵便と運輸サービス、書籍雑誌新聞など出版物、水道電気ガス、ガソリン軽油灯油の燃料、筆記用具と、ベビー幼児用12歳以下対象の玩具と、子供用衣料品、宿泊サービスなどを非課税か0税率にして、景気がよくなってインフレ気味になれば条件つきながら2、3年後をめどに消費税を再導入して景気を見ながら徐々に上げる。消費税の再導入前に歳入庁を創設する

7、4、5、6のため、おそらく補正予算が巨額になるため(最低でも80兆円を超えるだろう)、財源に無利子無期限国債を発行し、日本銀行に直接引き受けを行う。財政法など改正が必要だ

8、中国冷却化の景気悪化とデフレ脱却のため日本銀行に日本国債と社債と株価や不動産価格に左右されるETF(指数連動型上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)などを大量に50兆円以上に買う要請をする。日銀法改正して、政府が物価目標を定めて日銀にその達成を課すインフレ目標(インフレターゲット)政策などを導入する

9、環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP)に交渉決定を撤回する、理由は農業にだけ悪影響が出るわけではなく、雇用の自由化により外国人の安い賃金労働者が増え日本人の雇用が脅かされるなどがある。

10、登録型人材派遣と紹介予定派遣のマージン規制(賃金の10パーセントまでとする)をし、人材派遣料金の賃金社会保険料などの透明化をはかる、また人材派遣会社が登録型派遣社員か紹介予定派遣の派遣社員の社宅の提供を原則禁止などの規制、そして個人型請負の労働基準法など労働法制を適用すること、求人情報にたいし嘘偽りの情報に罰則を強化し、そして労働基準監督署の機能の強化(たとえば留置場を置く、監督官に拳銃の所持を許可するなど)する、有給休暇の完全取得義務化をはかる

11、有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約で、日本では批准しているが、経済協力開発機構(OECD)加盟の先進国が、全ての非OECD諸国にいかなる有害廃棄物も輸出することを禁止するというバーゼル禁止令(禁止修正条項)を日本は批准していない。それで日本はバーゼル禁止令を批准し、アメリカやインドなどへ批准を働きかけてバーゼル禁止令を正式に発効に持ち込むこと

12、小沢一郎氏の離党勧告をし、応じなければ除名、証人喚問を招致すること

13、船長開放の後、すぐ中国側強く出ればフジタ社員は死刑判決出たであろう、フジタ社員開放されてもこれらの対応策に時間がかかり中国や全世界をだますしかなかった、国民をもだましたが国益のためなら仕方ないことだやもえない、国民とビデオ公開をした海上保安庁職員を含む海上保安庁に対して謝罪をすること

14、郵政改革法案を修正して、ゆうちょとかんぽの限度額を1000万円のままにすること

15、都市圏で運輸連合を結成させ、共通運賃制度を導入を促進すること。陸上交通調整法をつかって国が調整する

16,一人当たりの国と地方の公務員給与を平均2割削減する改革を行う、国会議員の歳費を5割削減、文書通信交通滞在費を細部を公開させ5割削減、総理大臣とその他の大臣の歳費5割以上カットする、地方議員の歳費上限年800万円まで制限、地方の首長上限1200万円まで制限するなど公務員、議員給与改革をし、厚生年金と共済年金の統合は見送る、自衛隊員警察官ハローワーク職員税務官労働基準監督官などの一部を除き身分保障を廃止する、国会議員宿舎、地方議員宿舎、自衛隊海上保安庁警察学校生以外の公務員宿舎の廃止して宿舎を売却か民間人に賃貸で貸す。厚生年金と共済年金の一元化はしないこと。

17、教育改革として、教員の任免を保護者と地域代表の大多数の学校理事会で行い、教科書検定を廃止し、学校教育法34条(教科書使用義務)を廃止する。また中学校卒業予定者全員に国家統一の中学校卒業程度認定試験を課し、普通科とそれと類する科の高等学校卒業予定者全員に国家統一の高等学校卒業程度認定試験を課し、高等学校卒業認定卒業試験を合格しないと大学入学など出来なくする。小学校での複式学級の推奨すること。

18、国や地方自治体の帳簿を単式簿記から複式簿記に変更すること

19、平成21年1月1日施行の国籍法改正案を再改正して外国人の母の子どもに日本国籍の父が認知していてその子どもが日本国籍を取得するときにDNA鑑定を義務付ける法案を出すこと、偽装認知ビジネスを抑える目的で

その後、記者会見の後、速やかに菅総理がインドにいってインド首相と対等な安保条約を結ぶ約束をすることその際、密約でインドからその場で核兵器を買って日本に持ち帰ること、2,3日たってマスコミに核疑惑報道させること。そして、菅内閣は中国に報道の自由と民主化を要求し、中国の人権問題を集中的に中国を攻めて、国会で中国の人権問題で公聴会を開くこと。中国国内の反政府の民主化グループとチベットとウイグルの独立グループを側面支援すること。

|

その他のカテゴリー

0税率 | 10式戦車 | 2NE1 | 96式装輪装甲車 | A.O. ハーシュマン | AED | BIGBANG | c-17 | CCC | CDN | CIA | CIAの菅総理暗殺計画 | ETF | f15 | f2 | f35 | FX | GHQ | GUMMY | IC | ICU | ILO | ILO条約多数批准と必要な法整備を表明 | IX | K-POP | MBLAQ | NHK | NHKの国会中継の中で野田財務大臣が消費税の様々な欠陥を指摘、消費税を一旦廃止して欠陥を修正して再導入すべきと発言、自民党は欠陥消費税導入を謝罪と野田財務大臣の発言に同調する | ODA | OECD | PA | PC斜張橋 | PET | PKF | PKO | PPS | PSY | REIT | RMT | SA | SE7EN | Secret | SHINee | T-ARA | TAKEO世界一飛龍窯祭り | TDM | TPP | TV | UK | UN | US |  センター試験にかわる高等学校卒業程度認定試験は必ず記述式にする | 「education」=「学び場」 | 「education」=「学び教える場(学び場)」 | | あじさい寺 | | いざなぎ | いざなみ | | | | おすすめサイト | おとり捜査 | お嬢様をお願い! | | かえる寺 | かもめ~る | かんぽ | | | くじ番号 | | けいらん | けえらん | | | | | | | そして、何を言われようが発言を撤回せず、菅総理は辞任を促しても辞任せずに、野田財務大臣を罷免すれば他の大臣や副大臣や政務官のが抗議の辞任をしてすぐに野田前原らが離党して新党を作る | もやし | ゆうちょ | わびしの遺跡 | アウトソーシング | アクセス | アニメ・コミック | アパッチ | アパレル産業 | アビトゥーア | アメリカ | アルミニウム | イエナプラン | イッテルビウム | イットリウム | イラン革命 | インジウム | インド | インド、スリランカで布教 | インド、スリランカで布教活動 | インド、スリランカなどで布教活動 | インドからの渡来僧 | インフレ | インフレターゲット | インフレ目標 | ウイグル | ウェブログ・ココログ関連 | ウラン | ウルグァイ・ラウンド農業合意関連対策 | エコカー | エコカー減税 | エコポイント | エドゥサ革命 | エルビウム | オランダ | オンラインゲーム | オーランチオキトリウム | カジノ特区 | カプセルホテル | カリウム | カーネーション革命 | ガス田 | ガドリニウム | ガンジー | ガンディー | キティホーク | キム・ナムジュ | キャリア教育の推進 | キャンプ | キャンプ場 | キリシタン | ギフテッド教育 | ギャンブル | クリントン | クロスオーナーシップ規制 | クロム | クーデター | グリーンピア | グルメ・クッキング | グループワーク | ゲーム | コバルト | サマリウム | シーホーク | ジスプロシウム | ジャスミン革命 | スウェーデン | スカンジウム | スズ | スパイ防止法制定 | スポーツ | セイヨウミツバチ | セシウム | セリウム | タワー | タングステン | ダム | チタン | チベット | チベット虐殺 | チャン・グンソク | ツアーバス | ツアーバス規制 | ツリウム | テルビウム | テレビ | デフレ | デモ | トラム | トリウム | ドイツ人捕虜 | ドイツ革命 | ドクターヘリの普及促進 | ドル | ナトリウム | ニッケル | ニホンミツバチ | ニュース | ネオジム | ネオニコチノイド系農薬使用禁止 | バカロレア | バス | バナジウム | バリウム | バーゼル条約 | パクシネ | パソコン・インターネット | パチンコ税導入 | パラジウム | ヒトラー暗殺計画 | ビジネス | ビデオ | ビャクシン | ビロード革命 | ピョンチャン | ファッション・アクセサリ | フィンランド | フライデー | フランス5月革命 | フランス革命 | フランス2月革命 | フランス7月革命 | フランチャイズ事業法 | ブルドーザー革命 | プラセオジム | プラン | プロメチウム | ヘリウム | ヘリコプター | ベリリウム | ペット | ペテン師 | ペニーオークション | ペンギン | ホテル | ホルミウム | ホームスクーリング | ホームスクール | マグネシウム | マスコミ | マハトマ・ガンジー | マハトマ・ガンディー | マンガン | ミサイル | ミサイル防衛 | メリは外泊中 | ヤマタノオロチ伝説 | ユウロピウム | ユン・サンヒョン | ユーロ | ユーロファイター | ラウンドアバウト | ラウンドアバウト導入促進 | ラジオ | ラプター | ランタノイド | ランタン | リチウム | リフレ政策 | ルテチウム | ルーマニア革命 | レジャー施設 | ロボット | ロータリー | ロータリー交差点 | ワーキングメモリー | ワークショップ | ヴィーナスウィング | 一般学校から明治時代から導入されている軍隊式教育の教育上悪影響の大きい部分を取り除く | 一般財源化 | 三韓出兵 | 三韓征伐 | 三韓遠征 | 不動産取得税 | 世界一の登り窯 | 中共崩壊 | 中国 | 中国の人権問題 | 中国の西湖 | 中国へのODA停止 | 中国共産党崩壊 | 中国民主化運動 | 中国漁船船長開放 | 中大兄皇子 | 中学校 | 中学校武道・ダンスの必修化を実施しない | 中学生 | 中心市街地 | 中心市街地活性化 | 中華人民共和国 | 久安寺 | 久安寺跡 | 九州三十三観音霊場 | 九州三十六不動霊場 | 九州八十八ヶ所霊場 | 九州四十九院薬師霊場 | 九州西国霊場 | 亀山上皇銅像 | 予算 | 井上山光明院善導寺 | 井戸を掘ってはならない | 亜鉛 | 亡命 | 交通政策 | 交通網整備 | 交通行政の地方分権化 | 人材派遣 | 人権擁護法案を成立させない | 仁比山護国寺 | 仁王像 | 仏像 | 仏舎利塔 | 仕入れ税額控除 | 付加価値税 | 仙谷由人代表代行解任 | 仙谷由人官房長官 | 仲哀天皇殯葬伝説地 | 企業、団体における研修での自衛隊の体験入隊を禁止する | 伊万里港臨港道路 | 伊奘冉 | 伊奘諾 | 伊奘諾尊(いざなぎのみこと) | 伊達政宗 | 会社都合 | 伝統作物 | 住まい・インテリア | 住吉神社 | 住宅 | 住宅政策 | 住民投票 | 住民税 | 佐用姫伝説 | 体育 | 体育館 | 保護者 | 保護者に教員を罷免する権利を与える | 個別指導 | 偉人 | 偽装認知 | 債務 | 僕の妻はスーパーウーマン | 元寇 | 元寇防塁 | 児童 | 入院 | 全面公開 | 八重桜 | 公共の宿 | 公共事業 | 公共交通 | 公共交通政策 | 公務員一人当たりの人件費大幅カット | 公務員宿舎 | 公園 | 公契約法 | 共済年金 | 共済年金を厚生年金の支給水準に下げる | 共通運賃制度 | 兵糧攻め | 内閣不信任案可決後、野田財務大臣、前原前外務大臣らが離党して新党結成して自民党と政党連合を組み、自民党との政策協議と選挙協力を行う | 内閣情報調査室 | 内閣総理大臣 | | 円墳 | 写真 | 冬のソナタ | 准看護師制度の廃止 | 分権論 | 刑法適用年齢を10歳以上にする | 前原誠司 | 前方後円墳 | 加藤清正 | 助成金 | 労働問題 | 労働基準法 | 労働派遣法改正案の製造業派遣登録型派遣の禁止しないよう修正して、税金や公的社会保障以外の天引き禁止、登録型などの派遣会社のマージン規制と派遣会社が派遣社員に対して原則社宅提供禁止の修正案を出す | 労働裁判所を設置して被雇用者が訴えてから労働裁判所だけで3か月以内に一審の判決をだして最高裁で6か月以内に判決を出すように法律を作る | 動物 | 動物園 | 勝田線 | 北朝鮮 | 北朝鮮と深い関係ある教員追放 | 北朝鮮に革命を起こさせる | 北朝鮮の船、万景峰号が日本の港に入港することを禁止する | 北朝鮮滅亡 | 医療品 | 医療品のインターネット販売の規制緩和をする | 協働学習 | 協働教育の推進 | 協同学習 | 単式簿記 | 単調な授業から飽きさせない授業へ | 単調作業 | 博打の木 | 博物館 | 厚生年金 | 原口一博文部科学大臣 | 原子力潜水艦 | 原子力発電所の国有化 | 原発を総電力の80パーセントにする | 原発推進 | 取引 | 取調べ全面可視化 | 口蹄疫 | 古典 | 古墳 | 古家 | 司法取引 | 合祀 | 吊橋 | 同一価値労働同一賃金 | 同盟 | 名誉革命 | 君が代 | 和布刈神事 | 唐津供日(からつくんち) | 図画工作 | 固定資産税 | | 国会 | 国会議員 | 国会議員宿舎 | 国債 | 国家警察 | 国指定重要文化財 | 国旗損壊罪の新設 | 国民投票 | 国生み伝説の基 | 国産み伝説 | 国税庁と在日本朝鮮人商工連合会と合意した「5項目の合意」を破棄し在日朝鮮人・韓国人への税の特別優遇はしない | 国立大学の入学金廃止し、授業料半額にする | 国立戦争博物館 | 国立青少年教育振興機構 | 国立青少年自然の家 | 国籍法 | 国語 | 国鉄 | 国防動員法 | 国際指名手配 | 在日外国人の生活保護支給停止 | 在日外国人は外国人登録証に通名を記載することをできないようにする | 地下鉄 | 地域高規格道路 | 地方 | 地方の外国人参政権導入見送り | 地方交付税 | 地方交付金 | 地方公共団体 | 地方分権 | 地方議会議員年金の廃止 | 地方議会選挙に単記移譲式投票を導入 | 地産地消 | 地蔵菩薩 | 垂綸石 | | 城跡 | 基金 | 堂々 | 報道の自由 | 外国人 | 外国人参政権付与の禁止を憲法に明記 | 外国人土地法 | 外食 | 大化の改新 | 大学 | 大学入学での個別に学力検査実施を禁止し、高等学校卒業程度認定試験は難易度別に3種類の試験にする | 大学生 | 大宰府 | 大宰府天満宮 | 大恐慌 | 大根地神社 | 大濠池 | 大臣、副大臣、政務官らが大量に菅総理への抗議の辞任をし、すぐに自民党が内閣不信任案を出す | 大阪 | 大隈重信 | 天下り・渡りの禁止 | 天孫降臨 | 天智天皇 | 天武天皇 | 天満宮 | 天満宮の側 | 天満宮近く | 天然ガス | 太宰府 | 太閤 | 太陽光発電 | 夫婦岩 | 失敗することも教育だ | 失業給付金の拡充 | 子ども | 子供 | 子供を他人と比較して育てない | 子供服 | 学び場 | 学び教える場 | 学問のすすめ | 学問のすゝめ | 学問・資格 | 学校からマカレンコ教育を追放する | 学校図書館 | 学校図書館の充実 | 学校教育における責任の取り方における関与していない者に対して連帯責任の禁止 | 学校理事会 | 学生 | 宇宙科学館 | 安徳天皇 | 安徳天皇伝説 | 安徳天皇御事績論 | 安産の神様 | 官軍 | 実相院仁王門 | 宮 -Love in Palace | 宮地嶽神社 | 宮崎 | 家庭科 | 寺院 | 寺院跡 | 対話 | 対話型授業 | 対話授業 | 小動物園 | 小学校 | 小学校で24人学級、中学校で30人学級の実施 | 小学校英語に専門教員を配置 | 小学生 | 小沢一郎 | 小沢一郎の証人喚問 | 小石原川 | 少女時代 | 少年法改正して容疑者少年の実名報道容認 | 尖閣列島 | 尖閣問題 | 尖閣諸島 | 尖閣諸島沖中国漁船衝突事件 | 展望台 | | 山城 | 山王さん | 岡田克也 | | | 工事中 | 左が沖之島、右が伊王島 | 巨石 | 市街地での電線類地中化を促進 | 市長 | 希土類元素 | 帳簿 | 平家 | 平昌 | 年賀はがき | 幹事長 | 広域基幹林道 | 広域農道 | 廃品 | 廃品回収 | 廃棄物 | 廃止 | 廃線 | 廃駅 | 弊害 | 弘法大師 | 当帰 | 徐福伝説 | 御手洗 | 御祭神 恋命 | 御立たしの石 | 心と体 | 心神 | 志免駅 | 応神天皇 | 思想 | 恋愛 | 情報機関 | 憲兵 | 憲法改正 | 懲戒処分 | 成人教育の充実 | 戦前は大日本帝国海軍所有だった | 戦後は日本国有鉄道所有だった | 戦車 | 戦闘機 | 所得税 | 所得税の基礎控除を従来の倍の76万円にする、住民税も基礎控除を66万円にする | 捕鯨 | 捜査 | 授業 | 揚水式発電 | 援助 | 携帯・デジカメ | 改革 | 政党連合 | 政治 | 政界再編 | 政策協議 | 政策提言 | 救急医療の充実 | 教科書 | 教科書検定制度廃止 | 教育 | 教育基本法 | 教育委員会の権限縮小 | 敵国降伏 | 敵國降伏 | 文化・芸術 | 文学 | 文明論之概略 | 斉明天皇 | 斉明天皇陵 | 新幹線 | 新幹線整備 | 新羅出兵 | 新聞 | 旅客機 | 旅行・地域 | 旅行会社が貸切バスで長距離バスと定期観光バスの運行を届出でできるようにする | 旅館 | 旗下ろし | 日の丸 | 日中激突 | 日印安全保障条約 | 日教組 | 日本三名城 | 日本三薬師 | 日本企業 | 日本唯一の武射神事 | 日本国債 | 日本国有鉄道 | 日本山妙法寺 | 日本山妙法寺大僧伽 | 日本武尊 | 日本赤十字社 | 日本郵便 | 日本銀行 | 日本銀行法 | 日蓮 | 日記・コラム・つぶやき | 日銀 | 日銀法 | 旧佐賀線筑後柳河駅 | 早稲田大学 | 映像 | 映画・テレビ | 普光院 | 景勝地 | 景気対策 | 書籍・雑誌 | 曽根遺跡群 | 有事 | 有害廃棄物 | 朝倉宮 | 朝日山城跡 | 朝日長者 | 朝日長者伝説 | 朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す | 朝鮮併合 | 朝鮮出兵 | 朝鮮征伐 | 朝鮮戦争 | 朝鮮滅亡論 | 朝鮮総連は解散 | 朝鮮討伐 | 木の丸殿跡 | 条約 | 東京DC特区 | 東京専門学校 | 東京特別区を政府直轄地へ | 東京都教育委員会の職員会議での挙手・採決禁止通達の撤回 | 東京都青少年健全育成条例改正案反対 | 東京電力一時国有化 | 東京電力法的整理 | 東方神起 | 松本龍環境大臣 | 林道 | | 株式 | 株式市場 | 核兵器 | 核兵器保有 | 核武装 | 桂皮 | | 桜街道 | 梵鐘 | 棚機神社 | | 森有礼 | 森林 | 構想 | | 橋下徹市長と対決 | 歌人 | 正月のシメ縄は飾らない | 歳費 | 歴史 | 殺人未遂 | 殺人罪適用 | 民主党 | 民主党崩壊 | 民主化 | 民宿 | 民自大連立 | 水天宮 | 水攻め | 水族館 | 水田天満宮の末社 | 水銀 | 永久国債 | 求人の嘘偽りに対して罰則強化 | 江田五月法務大臣 | | 決算 | 沖縄 | 河童 | 油田 | 法光寺 | 法律 | 法規制 | 法輪功 | 法輪功弾圧 | 派遣問題 | 流鏑馬 | 浄土宗大本山 | 浅井藤彦 | 海上保安庁 | 海上保安庁を国軍へ | 海上封鎖 | 海域 | 海外に住む親族の扶養控除を適用しないように法改正する(在日外国人節税対策) | 消費税 | 消費税問題 | 混合能力学級 | 渓谷 | 温暖化ガス25パーセント削減撤回 | 温泉 | 湛誉 | 湛誉上人 | 湧水 | 源氏 | 源為朝伝説 | | 漢方薬 | 潜入捜査 | 火力発電 | 炭鉱 | 炭鉱跡 | 為替 | 無人ステルス戦闘機国内開発 | 無駄な公益法人を解散しその資産を国に返納 | 焼物 | 熊襲討伐 | 熱田神宮 | 特定規模電気事業者(PPS) | 犯罪被害者補償の大幅拡大 | 独立行政法人 | | 玉島川 | 玩具 | 珪化木 | 球技場 | 理科 | 環境 | 環境対策 | 環太平洋戦略的経済連携協定 | 甘草 | 生活環境保全林 | 生活科 | 生物の多様性に関する条約 | 生物多様性条約 | 生立八幡宮の大楠 | 生立八幡神社山笠 | 産の神様 | 産湯 | 田原坂 | 田楽 | 田油津姫 | 田沼意次 | 田道間守伝説 | 白石神社 | 白金 | 白馬は飼わない | 百済救済 | 皇極天皇 | 相続税の基礎控除額は縮小しない | 看図作文 | 知事、市町村長、公務員の退職金廃止 | | 石原慎太郎東京都知事 | 石油 | 石炭 | 石破茂政調会長 | 石碑 | 社会 | 社会保障 | 社会構成主義 | 社員研修で自衛隊への体験入隊を禁止 | 社宅 | 祝島 | 神仏習合 | 神代勝利 | 神功皇后伝説 | 神武天皇 | 神社 | 神籠石 | 福島第一原子力発電所事故での菅総理の事故対処の行為に殺人罪適用 | 福島第一原子力発電所事故の菅総理の刑事責任 | 福島第一原子力発電所爆発事故 | 福沢諭吉 | 福澤諭吉 | 私立の小中学校の私学助成を受け入れる条件として学習指導要領を守ることと授業などの無償化(宗教立の学校の場合、宗教教育の有償を認める)、入学転入の児童生徒が応募者多数の場合、学力選抜は禁止し抽選制に | 科学館 | 稲荷神社 | 空母 | 空海 | 空港 | 立正安国論 | 竜胆 | 競争主義教育の弊害 | 競輪場 | 競馬場 | 竹古場キルンの森公園 | 竹島は日本領土の国会決議と韓国非難決議 | 竹島奪還 | 竹島海洋調査 | 竹崎山 観世音寺の「拝み堂」 | 第二次朝鮮戦争 | 筑後川 | 算数 | 簿記 | 粛清 | 紫陽花寺 | 経済・政治・国際 | 経済制裁 | 経済特区沖縄に法人税を0パーセントにする | 経済財政政策 | 給付型奨学金の拡充 | 総理大臣らは質素倹約をする | 罷免 | 美容・コスメ | 美男ですね | 羽白熊鷲(はじろくまわし) | 習熟度別授業の取りやめ | 聖光上人 | 聖光常人 | 職業訓練の充実 | 肥前国一宮 | 育児 | 脱亜論 | 臓器売買 | 自動化 | 自動車 | 自動車税 | 自動車重量税 | 自己都合 | 自民党と新党などが組んでいる政党連合は菅総理、仙谷官房副長官らが立候補している選挙区に超有力候補を立てて落選させるように選挙運動する | 自民党などが消費税廃止法案を参議院に提出する | 自然エネルギー | 自然公園 | 自衛隊 | 自衛隊を国軍に | 芸能・アイドル | 若杉山 | 英語 | 茶園 | 菅内閣 | 菅内閣総理大臣 | 菅直人内閣総理大臣 | 菅総理 | 菅総理が温暖化ガス25パーセント削減撤回の記者会見してすぐに辞任する | 菅総理は、記者会見の中で鳩山前総理が温暖化ガス25パーセント削減の国際公約によって福島第一原発事故を招いた責任を鳩山前総理が取るべきと発言 | 菅総理は亡命する | 菅退陣要求 | 落選 | 著しい素行不良少年を公立小中学校でも退学できるようにする、そして矯正学校を受け皿として作り、素行不良少年をその学校に入れるようにする | 薩軍 | | 薬草 | 藤井日達 | 虚空蔵菩薩光臨の地 | 行基 | 行政改革 | 行財政改革 | 被雇用者が労働裁判所で訴えた場合は裁判費用は無料、敗訴の場合は弁護士費用は国が全面負担、勝訴すれば弁護士費用はすべて企業側が負担する | 裁判官 | 補助金 | 補正予算 | 複式学級 | 複式学級の設置基準を緩和し1学級24人以下にする(小学1年生も含めても同じ) | 複式簿記 | 西南戦争 | 西海国立公園 | 覚鑁 | 解散総選挙 | 記念館 | 記者クラブ廃止 | 証券 | 試験 | 読書嫌いを減らすため読書感想文コンクールは自由参加にする | 課題図書利権 | 諏訪姫 | 論理パズル | 講義 | 謝罪 | 議員宿舎 | 谷垣禎一内閣総理大臣 | 豊臣秀吉 | 豊臣秀吉の家臣 | 財政 | 財政改革 | 買い取り | 買取 | 賃貸 | 賃貸住宅 | 資源探査 | 超新星 | 趣味 | 軍事クーデター | 軍刑法 | 軍法会議 | 軍用ヘリ | 軍艦島 | 軍隊式行進禁止 | 農免農道 | 農協改革 | 農園 | 農林水産省補助事業 | 農業 | 農業者戸別所得補償制度廃止 | 農道 | 近代西洋医学 | 退社 | 送発電分離 | 送電の国有化 | 逆転の女王 | 通俗民権論 | 連帯保証人 | 逮捕 | 遊走道 | 運輸連合 | 道の駅 | 道徳 | 道路特定財源 | 道路特定財源の一般財源化 | 選挙協力 | 遺跡 | 部活動を総合型地域スポーツクラブ・文化クラブへの移行 | 野田佳彦官房長官 | 野田佳彦総理大臣 | | 金子洋一財務大臣 | 金属 | 金正恩 | 金正日 | | 鉄道 | | | 銀行 | | 銅像 | 鏡山 | 関門海峡 | 阪神教育事件 | 防火林道 | 隠し子 | 隠蔽 | 集団営農の促進 | 雇用保険 | 離脱・発言・忠誠 | 電子政府の推進 | 電子黒板の推進 | 電波オークション | 霊感商法の取り締まりの強化 | 青少年自然の家 | 非課税 | 韓国 | 韓国にある盗まれた日本の文化財を日本へ返還を韓国に要求 | 韓国併合 | 韓国滅亡 | 音楽 | 風力発電 | 食堂 | 養蜂家 | 高校生 | 高橋是清 | 高等学校 | 高速計算練習 | 高速道路 | 高速道路は従量制料金へ | 鬼夜 | 魚釣島に気象観測所設置 | 鮎釣り | 鷹狩り | 麻生太賀吉 | 麻黄 | 龍の皮 | 龍王崎 | 龍王崎古今の森公園